基板設計エディタK2CAD
質問は会議室へ
ホームページ K2CAD 新着情報 マニュアル 改版履歴 ダウンロード

タレット

タレットとは ラインや円弧、ランド、面などフィルムを作成時に使用する光軸の形状と大きさを決めているテーブルです。 K2CADでは120種類のタレットをPCB基板設計毎に設定できます。
タレットの選択 タレットの選択はタレットツールバーのリスト部分から選択します。
表示は「タレット番号」「タイプ」「幅」の順です。
タレットの設定 タレットツールバーのタレットボタンを押すと下のタレット設定のダイアログが表示されます。
タイプ タイプには円(C)、角(S)、サーマル(T)、ドーナツ(D)があります。
ライン、面、ランドは「円」タイプのみ指定してください。
外寸、内寸 タレットの大きさです。内寸はサーマルとドーナツで使用します。他のタイプでは無視されます。
初期値の設定 ラインにはライン、円弧、面の入力に切替えたときに使用するタレットの番号を設定します。
ランドにはランド入力に切替えたときのタレットの初期値を設定しておきます。

タレットツールバー 入力ツールバー
2008 Jul 06

PCB Editor K2CAD
- Copyright © 2000-2011 YAN -
E-Mail support@yansoft.com