電気回路図エディタD2CAD
質問等は会議室へ

ホームページ D2CAD 新着情報 マニュアル 改版履歴 ダウンロード

プログラム改版履歴

部品表、部品入力強化バージョン
2003/03/07Ver 1.16
部品表に個数出力と部品の属性を指定できるようにしました。
部品入力時にShiftキーが押されていると差込部品入力となり、部品の下の線でピンをまたぐ場合
ピンの位置でカットされます。
部品だけ選択されている場合に、移動先やコピー先決定時にShiftキーが押されていると差込部品配置
になり選択された部品の下の線でピンをまたぐ線はピンの位置でカットされます。
部品と線だけ選択されている場合に、Shift+Hキーで選択されている線が部品の下でピンをまたぐ場合
ピンの位置でカットされます。
このバージョンは1.16β1〜β4の修正項目をすべて含んでいます。

重複整理機能強化バージョン
2003/02/18Ver 1.16β4
重複整理のネットチェックに3本以上のワイヤの端点があり、ジャンクションが無い場合のチェックを追加
ネット出力は今までどおりつながって出力されます。
ツールの「ネットインデックス」の出力オプションにXY座標出力を追加。(html形式でないとき)
「環境設定」の「図面」で「タイトルを...」を切替えたら再起動しなくても設定が反映されるように修正
図面ファイルのパスが128を超える場合アプリケーションエラーになるBUGを修正。

ライントリム機能追加バージョン
2003/01/22Ver 1.16β3
同じ種類の2つ以上の線を選択後Hキーを押すことで1本の線にします。ただし縦線と横線のみ
図面のダブルクリック起動で他のアプリケーションのクリップボード機能が使えなくなるBUGを修正

ネットリスト追加バージョン
2003/01/14Ver 1.16β2
ネットリスト形式にSPICEネット形式出力を追加。詳しくは圧縮ファイル内のSPICE説明.txtを追加
部品ファイルの属性FILEで値がファイル名だけの場合はその部品が入っている図面ファイルと同じフォルダとする。
部品参照番号で(数字のみ)、(数字の無い)場合のコピー、+−キーの増減、自動割付の不具合修正
部品参照番号で(数字のみ)、(数字の無い)場合は「部品番号リセット」をできないように仕様を修正
メニューWindowのファイル名表示で(更新)の表示更新タイミングがずれるBUGを修正

数字部桁あわせ機能追加バージョン
2002/12/04Ver 1.16β1
F5キーに文字列の右側数字部分の桁合わせ機能追加しました。詳細については会議室のD2CAD掲示板をご覧ください。

連続編集、ネットジャンプ機能追加バージョン
2002/09/30Ver 1.15
ネットリストフォーマットにMentor, Expeditionを追加
ネットレポートファイルに、ネットグループ数、ネット配線数、ネット使用ピン数を追加
ネットレポートファイルDRC部の出力フォーマットの見直し
アイテム選択→+−キー→ダブルクリックで編集したとき、UNDOバッファに入らないBUGを修正
図面ファイルをダブルクリックで開いたときにプロジェクトの設定が有効にならない場合がある不具合を修正
プログラム最適化の見直し、ヘルプファイルの追加修正
このバージョンはβ1−4までの機能を含んでいます

連続編集、ネットジャンプ機能追加バージョン
2002/09/07Ver 1.15β4
連続編集モードを追加(ワイヤ、バス、ライン、ピン、テキスト)、オプションは環境設定「コピー&編集」
ネットジャンプ機能を追加。開いているプロジェクトファイルに対して機能します。信号名を右クリックします。 対応する信号名に移動するか、ページを移動するかは環境設定「コピー&編集」で設定
マウスホイール回転でのスクロール機能で、スクロールバーの位置でホイールを回転するとそのスクロールバー方向に動くように修正
ネットハイライト機能でアプリケーションエラーにある場合がある不具合を修正
ネットハイライト機能で同一図面内の同じ信号名の処理が不完全だったのを修正
プログラムサイズ最適化の見直し

ハイパーリンク出力追加バージョンその3
2002/09/02Ver 1.15β3
ネットインデックス出力のハイパーリンク出力対応
ネットインデックス、ネット出力でキャンセルをしたときアプリケーションエラーになる場合がある不具合を修正。
クリップボードからデータ取り込みの不具合を修正(1.15β1で発生)
ハイパーリンク出力定義ファイルを修正
ヘルプファイルの追加修正

ハイパーリンク出力追加バージョンその2
2002/08/26Ver 1.15β2
ネットレポートのハイパーリンク出力でアプリケーションエラーになる場合がある不具合を修正
重複整理のハイパーリンク出力でジャンプ先が出力されない不具合を修正。
ハイパーリンク出力定義ファイルを修正

ハイパーリンク出力追加バージョン
2002/08/26Ver 1.15β1
ネットレポート、重複整理の出力にハイパーリンク機能を追加:詳しくは会議室で
図面ファイル、プロジェクトファイルをダブルクリックしても正常に起動できるようにしました。
重複整理でファイル書き込み中のキャンセルを禁止。
ネットリストとネットレポートファイルの日付が同じになるようにしました。
改行コードの無い文字列でも正常に貼り付けられるようにしました。
ハイライト表示から選択した場合、端点移動になる場合があるBUGを修正
ファイル関連付け用のアイコンを新しい仕様にあわせて変更しました。

ハイライト追加バージョン
2002/06/26Ver 1.14
ハイライト表示機能を追加、説明はここ、環境設定「色」にハイライトの色を追加。
重複整理にスナップピン機能を追加、部品のピンに正しく接続されていないワイヤを強制的に接続させます。ワイヤの両端がピンをまたいでいた場合は処理しません。
重複整理の出力にスナップピン機能を追加、部品のピンに正しく接続されていないワイヤを強制的に接続させます。ワイヤの両端がピンをまたいでいた場合は処理しません。
重複整理の出力にピン重複を追加、部品のピンとピンが重なっていた場合をチェックします。
各ツール、ネットインデックスのプロジェクトファイル検索の最適化。
貼付け時のステータスバーの表示を修正。
アイテム選択→貼り付け→キャンセル→キャンセルでデータが消失するBUGを修正
アイテムを選択していないときのマウスセンターボタンのクリック動作の不具合を修正

ネットレポート強化バージョン
2002/06/02Ver 1.14β4
ネットレポートのDRCにピンの種類を追加
部品表作成の製作台数の初期値が0になってしまうBUGを修正。
部品編集のピンリストをダブルクリックした場合にアプリケーションエラーになる場合が有るのを回避。
部品ファイルに部品を登録した後、ステータスバーの表示が移動モードになっているのを修正。部品登録後は 最後の入力モードに移行するように変更。

部品番号割付修正バージョン
2002/04/15Ver 1.14β3
部品割付ファイルを使用して10番目以降の図面ファイルが実行できない不具合を修正。

プロパティ強化バージョン3
2002/03/17Ver 1.14β2
印刷時の埋込み文字にファイル作成日時(CDATE)、ファイルアクセス日時(ADATE)のプロパティを追加。
バックファイル(BAK)を作成するようにしてあるとFATによってはファイル作成日時も更新されてしまうため、 ファイル作成日時を継承するように修正しました。
自動保存でファイルをファイルを更新するようにしてあると、バックファイル(BAK)を作成しない設定でも バックファイルが作成されてしまう不具合を修正。
ファイル更新時間プロパティ(FDATA)と実際のファイル更新時間がずれる場合があったのを修正。

プロジェクトバグ修正バージョン
2002/03/04Ver 1.14β1
プロジェクトファイル(dpj)と図面ファイル(dcd)が同じフォルダに無い場合、プロジェクトファイルに登録できないバグを修正。

プロパティ強化バージョン2
2002/01/31Ver 1.13a
埋め込み文字「&FILE&」の不具合を修正。

プロパティ強化バージョン
2002/01/16Ver 1.13
印刷時に変換される埋め込み文字列を追加。図枠ファイルに記述すれば画面上でも変換します。
日付、ファイル名、ページなど フォーマット説明はここ
部品属性「FILE」に登録しているファイルが図面ファイルでない時は関連付けされたアプリケーションで開くようにしました。 これでテキストファイルやPDFファイルが部品とリンクできます。
部品属性「FILE」に登録されたファイルがプロジェクトにない場合は参考ファイルとして通常の部品扱いとなります。 プロジェクトに登録しているファイルの時は、その部品は各ツールから除外されます。
ファイル名はドライブ名からのフルパスで登録してください。
移動やコピー後できる限り前回の入力状態に戻るようにしました。
部品とピンのマルチ編集ですべて同じ名称の時は***でなく名称を出すようにしました。
TangoネットリストフォーマットBUG修正
環境設定「初期設定」でピンの初期値にNo Connectが設定できない不具合を修正
ピンのマルチ編集の時のデフォルトをピン番号からピン名称にしました。
部品属性「NOPARTLIST」と「NOMOUNT」を部品表作成時に独立して扱うようにしました。
ステータスバー表示の見直し

部品編集強化バージョン
2001/11/03Ver 1.13β4
部品の編集に「部品入替え」を追加。部品名で指定した部品を部品ファイルから読み出して入替えます。 その他の属性(参照番号や値)は現状維持されます。プロパティは入替わります。
部品が回転、ミラーがかかっている場合は正しく動作しない場合が有るので注意してください。
ツールチップヘルプの表示スピードの最適化
部品入力以外の入力モードで部品をクリックしてキャンセルすると1つ前の入力モードになる場合がある不具合を修正
部品ファイル変換のBUGを修正(Ver1.12aで対応済み)

階層構造バージョン
2001/09/07Ver 1.13β3
部品の属性名にFILEを設定するとその部品はモジュール部品としてファイル名がリンクできるようにしました。 但し現バージョンではネットは信号名によってのみ接続されます。使用するファイルは全てプロジェクトに登録してください。
メニューの「表示」に「上層へ」「下層へ」を追加しました。右クリックのポップアップメニューにも追加
部品の属性にFILEがあるものは、部品番号割付などの各ツールから除外されます。
部品の属性にFILEがある場合はダブルクリックで指定ファイルを開くようにしました。 その部品を編集する場合は選択した後でメニューから「編集」を選択するかEキーを押してください。
階層構造のサポートに伴いTangoデータファイル読込みでモジュールをサポート
部品属性の入力で予約済みの属性名は選択できるようにしました。
部品登録時に除外する属性名にFILEを追加

部品表、DRC強化バージョン
2001/08/14Ver 1.13β2
部品表作成時に、図面番号(SHEETNO)、製品名(SETNAME)、製作枚数(MAKEPCB)の設定を追加
この値はプロジェクトファイルが有ればプロジェクトごとに設定されます。
部品表作成時に、部品表に出力しない部品(部品属性NOPARTLIST)を強制出力可能にしました。
部品のピン編集で、編集後も前回のピン選択を維持するようにしました。
ネットレポートファイルのDRC出力をエラーネットの先頭のピンからエラーを起こしたピンへ変更
ツールチップヘルプにピンの電気属性も出力するようにしました。
単独ファイルの検索の場合、図面の先頭から検索するように仕様を変更。続けて検索する場合は「次を検索」を実行してください。

部品表作成強化バージョン
2001/08/10Ver 1.13β1
部品表作成時に、未実装部品の情報(部品属性NOMOUNTが1の場合)を出力できるようにしました。
部品表作成時に、部品表に出力しない部品(部品属性NOPARTLIST)を設定できるようにしました。

保存基準フォルダ修正バージョン
2001/07/02Ver 1.12
Windows2000で環境設定「保存」の図面基準フォルダが機能できない不具合を修正
名前を付けて保存の場合は、環境設定「保存」の基準フォルダではなく、保存対象図面のあるフォルダを開くように 仕様を変更します。

ピン編集修正バージョン
2001/06/21Ver 1.12β4
ピン編集、部品のピン編集で、電気属性を変更した場合にUNDOできないBUGを修正
dpjファイルを関連付けし、ダブルクリックしてプロジェクトを開けるようにしました。

重複整理修正バージョン
2001/06/09Ver 1.12β3
重複整理のLOGファイルを見るオプションをOFFにしてもLOGファイルが開いてしまう不具合を修正
重複整理後のUNDOで線がのこる場合が有る修正
新規作成した直後の図面に(更新)がついしまう不具合を修正
円弧入力、ESCキーのキャンセルで動作が不安定になる不具合を修正
マウスによる中心移動でマウスを画面の中央に移動しないように仕様を修正
貼付け時のデータ読み取りを厳密にしました。
テキストの貼付けで改行のみのデータが有る場合も正常に読み取るようになりました。
ただし、タブ文字は変換していませんのでタブコードはスペースに展開してからコピーしてください。

円弧、ピン修正バージョン
2001/06/03Ver 1.12β2
円弧入力モードで、円弧を入力しないうちにSキーを押した場合アプリケーションエラーになるの補正
円弧の線種変更は円弧入力中にSキーを押してください。
ピンの属性移動で回転できないのを修正。ただしピンは修正したら属性文字の位置がリセットされます。(仕様)

ウインドウ修正バージョン
2001/05/28Ver 1.12β1
範囲選択のズームアップでズーム率が高い場合のズーム表示のずれを補正
プロパティでカスタム図枠を指定したファイルを開く場合に、その図枠ファイルがなくても開けるようにしました。
上記の仕様変更に伴いプロパティでの図枠ファイルの選択を修正。図枠ファイルがない場合にプロパティを実行すると 標準の図枠ファイルが設定できます。

フラットツールバーバージョン
2001/05/18Ver 1.11
ツールバーのボタンの形状をフラットにできるようにしました。
円弧のコピーで端点移動になるBUGを修正。
端点移動で選択した円弧をCTRL+左クリックで再選択したときに端点移動になるBUGを修正。
円弧の端点移動は1つの円弧のみを選択した場合だけにするように仕様を変更

メタファイルの見直しバージョン
2001/05/07Ver 1.11β4
メタファイルで文字列の向きが逆になる場合が有るので、暫定的な設定として環境設定の「保存」に 「メタファイルの文字列が逆」を設けました。
プロジェクトの設定ダイアログの見直し。
プロジェクトへの図面ファイルの追加で存在しないファイル名を指定していた場合、ファイルを作成するか 聞いてきていたのをエラーとしました。(仕様変更)

部品番号割付修正バージョン
2001/04/29Ver 1.11β3
部品番号自動割付で「割付ファイル」を使用するで割付ファイル(dws)が開けないBUGを修正
なお、今回の修正で割付ファイルのバージョンが上がりました。
UNDOで最初に戻って(更新)標示が消えてもウインドウを閉じようとすると、ファイルを保存するか聞いてきていたBUGを 修正(1.05のファイルプロパティの追加で発生していたようです。)
部品を部品ファイルに保存するときの部品ファイル名を省略形で表示するようにしました。
今回のバージョンからコンパイラがVC++SP5になっています。

保存強化バージョンその2
2001/04/22Ver 1.11β2
「ファイルを開く」やプロジェクトを開く時、プロジェクトに図面ファイルを追加する時に環境設定「保存」の図面保存基準フォルダを参照するようにしました。
自動保存先フォルダにネットワーク上のフォルダを直接設定できるようにしました。
ネットワーク上のコンピュータを指定する場合は常時接続されている場合のみ設定してください。
自動保存にネットワーク上のフォルダやネットワークドライブを設定した場合、フロッピー無効の設定が
有効にならないので警告を出すようにしました。
環境設定「保存」の図面基準フォルダ、自動保存フォルダの表示を修正。
フォルダ名が長い場合には自動的に省略形になります。
プロジェクト名の表示を修正。フォルダ名が長い場合には自動的に省略形になります。
プロジェクトを新規作成した場合や図面ファイルを全部除外した場合に、追加した図面ファイルが無効になってしまうBUGを修正
プロジェクトを新規作成した場合や図面ファイルを全部除外した場合に、図面ファイルのドラッグドロップができないBUGを修正

保存強化バージョン
2001/04/20Ver 1.11β1
環境設定の保存に新規図面の保存先フォルダ(図面保存基準フォルダ)の指定を追加。
何も指定が無ければ、D2CADをインストールしたフォルダになります。
上記設定に伴い、新規図面を保存するときに開くフォルダを指定できるようにしました。
図面保存基準フォルダと自動保存フォルダの設定にフォルダ選択ボタンを追加
環境設定「保存」のレイアウトを変更

ネットリストDRC追加バージョン
2001/04/01Ver 1.10
ネットリストレポートにDRC(デザインルールチェックを追加)チェック項目はヘルプを参照してください。
DRCの追加に伴い、ピンの電気属性に未接続(No Connect)を追加しました。
部品の接続してはいけないピンに設定することでネットリストの時チェックできます。
部品ファイル(LIB)、部品ファイルバックアップファイル(LBK)が読取専用に対応。
部品ファイルは読取専用にして使用しないようにしてください。

ネットリストフォーマット強化バージョン
2001/03/21Ver 1.10β4
ultiBOARDにコンポーネント部分を追加(PCB属性に対応)
Calay, ultiBOARDのコンポーネント部分を別ファイルにも出力できるようにしました。

新規ファイルとファイル属性修正バージョン
2001/03/17Ver 1.10β3
新規図面(一度も保存していないファイル)での部品自動割付が実行できない不具合を修正しました。
ファイル属性が読込み専用の図面を開いた場合、自動保存が実行できないメッセージを出すようにしました。
ファイル属性が読込み専用のファイルを自動保存しようとした場合にエラーになるのを修正
読み込み専用ファイルの場合は自動保存しません。名前を付けて新規に保存するようにしてください。
自動保存で1つ前の図面ファイル(ファイル拡張子BAK)のファイル属性が読込み専用になっていた場合
自動保存時にBAKファイルを作成しないようにしました。図面ファイル自身は保存されます。
BAKファイルのファイル属性は読込み専用にしないようにしてください。
図面ファイルを開いていない状態で、部品ファイル変換が無効になっていたのを修正しました。
部品一覧で最初にツリーを展開するときの時間を短縮(ほんの少しですが)

印刷機能強化バージョン
2001/03/12Ver 1.10β2
非印字に設定している文字も強制的に印刷するオプションを追加(環境設定の「印刷」)
印刷で「用紙に合わせる」のオプションを選択している場合に、図面と印刷方向を合わせるオプションを追加。(環境設定の「印刷」)
ラインか円弧入力の状態で、アイテムを入力する前にF6,F7キーを押すとアプリケーションエラーになるBUGを修正
F8キーの一発属性移動でピンのピン番号を認識しないBUGを修正

重複整理強化バージョン
2001/02/21Ver 1.10β1
部品番号が同じで部品名、または値が異なる場合は重複部品としてチェックするようにしました。
ネットレポートファイルのオープンネットの部分に重複整理と同様のTAGジャンプ用のデータを追加。
ネットレポートファイルのオープンネットの部分にピンの名称を追加。
外部TAGジャンプで対称図面が全体表示されていた場合カーソルが移動しないBUGを修正
プログラムのソートルーチンの最適化の一部見直し


Ver 1.09以前はこちら Ver 0.99以前はこちら

Ver 0.79以前はこちら Ver 0.59以前はこちら

Ver 0.39以前はこちら Ver 0.19以前はこちら

2013 Nov 27

Schematic Editor D2CAD
- Copyright © 1996-2011 YAN -
E-Mail support@yansoft.com