電気回路図エディタD2CAD
質問等は会議室へ

ホームページ D2CAD 新着情報 マニュアル 改版履歴 ダウンロード

環境設定
保存の設定 図面ファイル、部品ファイルの保存方法や自動保存を設定します。
バックアップを作成する 図面ファイルと同じフォルダに1つ前のファイルを拡張子"BAK"として保存します。
図枠ファイルを埋め込む 図面ファイルに図枠のデータも入れます。このファイルを読むと標準の図枠ファイルは無視されます。
データを図枠付きで保存したいときに使用します。 通常は使用しないようにします。
自動保存 自動保存の方法は更新回数と遅延時間で設定します。
各図面ファイルが設定更新回数以上のデータ変更を 行うとプログラムは遅延時間タイマーを作動させその間データ変更がないと自動保存を行います。
但し、次の場合には自動保存は条件が解除されるまで自動保存を行いません。

1) ツールを起動しているとき
2) アイテムを選択しているとき
3) データを入力しているとき

アイテムを選択したまま、別の図面を編集しているとそのファイルは自動保存されません。
複数の図面を編集するときはアイテムの選択を解除してから図面を変更して下さい。
ファイルを更新する 自動保存でデータを上書き保存します。バックアップファイルを作成するがONだと1つ前のファイルをBAKファイルにします。
指定フォルダに保存する 自動保存で保存するファイルを指定したフォルダに保存します。
フォルダを指定するときは実際に存在するフォルダを絶対パスで指定して下さい。
フロッピーは自動保存しない 保存する場所がフロッピーの場合は自動保存しないようにします。
自動保存ファイルの削除 バックアップフォルダに指定したフォルダの拡張子DCDとBAKのファイルを全て削除します。
バックアップフォルダの中に、別のファイルなどを入れないようにしてください。
削除したファイルは元に戻らないので注意してください。
部品ファイルのバックアップを作成する 部品ファイルと同じフォルダに1つ前のファイルを拡張子"LBK"として作成します。
メタファイルは背景を含む メタファイルでクリップボードにコピーする時に背景のデータを入れません。
2013 Nov 27

Schematic Editor D2CAD
- Copyright © 1996-2011 YAN -
E-Mail support@yansoft.com