電気回路図エディタD2CAD
質問等は会議室へ

ホームページ D2CAD 新着情報 マニュアル 改版履歴 ダウンロード

メニューやツールバー、マウスの右クリックによるポップアップメニューでピン入力を 選ぶとピン入力モードになります。ピン入力が終了したら線の入力モードか選択モードに切替えましょう。
各キー操作は、キーボード一覧をご覧ください。

ピンの入力
ピンの入力 ピンも文字や部品と同じで、ピンの入力を選んだら図面の何もないところでマウスの左ボタンを押します。
入力を止めるときやピンの形状や向きを変えるにはマウスの右ボタンを押します。
キー操作
キーでクロックピンON、OFF
キーでドットピンON、OFF
キーで回転 (Shiftと合せて逆回転)
キーで左右反転
キーで上下反転
Escキーで入力の中止
+、−キーでピン番号の増減
Ctrlと+、−キーでピン名の増減
回転や反転はマウスホイールの回転やクリックでも操作できます。
ピンの向きと
配置
入力するときマウスのある側がピンの内側(部品の形状が付く側)です。
これが逆だとネットに出てきません
また、ワイヤと同様にメイングリッド上に配置しましょう。
ピン番号 ピン番号の名称はできるだけ数字で入力するようにします。
D2CADで出力するネットでは数字以外でも良いのですが、基板設計CAD側では
フォーマットによっては数字しか受付けないものもあるので数字以外の文字を使用するときは確認してから使用してください。
ピンの長さ 入力中のピンの長さはShift+PageUp、Shift+PageDownで変更可能です。
この場合ピンの長さはメイングリッドに乗るように調整されます。
それ以外の長さにする場合は一度入力した後で編集して下さい。
Shift+マウスホイールの回転でも変更できます。
ピン名 ネット出力の時にピンの電気属性がPOWER(電源)でかつ、非表示ピンの場合にはピン名がネットリストの名称に使用されます。 また、ピン番号がない場合にもピン名が使用されます。
注意1 ピン入力を入力したら忘れずに部品化しましょう。
図面上のピンのままだとネットに出てきません。

部品化していないピンがあるかどうかは重複整理でチェックできます。
注意2 ピン番号に ”-(ハイフン)” , ”,(カンマ)”, ”,(ピリオド)” , ”(” , ”)” , "[” , ”]
を付けるとネットが正しく出力されません。
2013 Nov 27

Schematic Editor D2CAD
- Copyright © 1996-2011 YAN -
E-Mail support@yansoft.com